PMS(月経前症候群)対策の専門サイト「LUNAPA!」

ヨガはPMSに効果があるのか?

PMSとヨガ
生理前症候群、通称PMSの症状は非常に個人差が大きく、何も痛みも不調もない人もいれば、突然きては救急車に運ばれるような重度の方までいらっしゃいます。

その中でも下腹部の痛みというのは、PMSを自覚している方の症状の中でも代表的なものと言えます。下腹部の痛みでも原因は様々あるのですが、主な原因として、子宮と血流の2つが挙げられます。

子宮は下腹部痛を主に引き起こす要因ですが、血流は滞ることによって、下腹部痛を誘発するだけでなく、肩こりや腰痛などのこり、また、冷え症を引き起こす原因ともなり、ほかにも様々な体の不調が引き起こされます。

 

血流の改善はPMS緩和に繋がる

血流を正常な流れに戻すことで、子宮が原因であった下腹部痛の軽減も見込まれるので、PMSには血流の改善を行っていくことも大切要素の一つです。これらの原因は、もちろん個人の体質によるものもありますが、日常での生活習慣を見直すことで痛みや不調を改善することが可能です。

例えば、温かいものを飲む、玉ねぎなどのビタミンB1を多く含んだ食材を取る、適度な運動を行う、水分補給をしっかり行うなど様々ありますが、手軽であり、効果が実感しやすいとされているのが、今、健康やダイエットなどでも効くと噂されるヨガです。

 

なぜヨガがPMSに効果的なの?

ヨガというのは、正しい呼吸をしながら体の筋肉をゆっくりとひきのばしていく運動のことですが、この呼吸と動きはダンスやボクシングのような激しい運動が必要ないので、体力が心配という方も手軽に行うことができます。

また、畳一畳分のスペースがあれば行うことが可能であり、室内で行うので雨などの天候にも左右されずに続けることができます。そんなヨガの効果は、主に血液の循環をよくすることにあります。行う動作は非常に小さい動きですが、呼吸を正しく行うことに集中することで、血液の循環がよくなるのです。

 

ヨガの効果はPMSに限らずメリットがたくさん!

血液の循環が改善されることによって、下腹部痛、肩こりなどのPMSの代表的な痛みはもちろん、ダイエットにも効果的です。

また、ヨガ自体が時間をかけてゆっくりを行うスポーツですので、ゆったりとした時間を設けることで、気持ちにも余裕が生まれ、怒りっぽくなってしまったり、涙もろくなってしまうなど、感情のコントロールがうまくいかないという症状の方にも、症状の軽減が期待されます。

また、不妊症などの妊娠を望む女性にはうれしいことに、ヨガによる血液の循環の改善により体温があがり、内臓が活発になることで、妊娠能力を高めてくれるという報告もされているのです。

ホルモンの異常によって、引き起こされるとされるPMSは女性だけのものであり、子どもを産むためには必要なものなのかもしれません。しかし、PMSの多くはホルモンの異常だけではなく、日々のストレスや、日頃気づかない体の不調によって表れていることも多々あります。

 

ヨガもあくまでPMS対策の一つ

今回紹介したヨガをはじめとした生活習慣の改善をすることで、月に1度の痛みや辛さは軽減されたということは多数報告されています。

PMSは体質などによる個人差もありますが、基本的にはなくても良いものであり、無くしていけるものだと思います。「子どもを産むためには、生理が必要だから仕方ない」と考えながら、乗り切られている方もいらっしゃるでしょう。しかし、実際には、PMSの原因が不妊の原因になっていることも多くあり、百害あって一利無しです。

しかし、体力に不安のあるかたや、忙しくて中々時間がとれない方など、中々取り組みにくいという方は、少しずつで良いのです。

1日30秒からでも、食事を1つ変えてみるだけでも構わないので、生活習慣を変えてみることで、日々の積み重ねは大きなものになり、必ず効果を実感することと思います。そういった数ある方法の中でもヨガは手軽に始められるといった一例に過ぎませんので、自分に合ったPMSの改善方法を見つけてください。