PMS(月経前症候群)対策の専門サイト「LUNAPA!」

肩こりがひどいのはもしかしてPMSのせい?原因と解消法について

PMSと肩こり

生理前症候群の症状は、イライラと言ったメンタル面の不調や、胸のハリなどの他に、肩こりというものもあります。

女性特有の肩こりで、ひどい傷みで悩む人もいます。毎月定期的に肩こりになったり、症状が悪化する一方という人は、もしかしたらそれが生理前症候群の症状かもしれません。一度、生理周期との関係を見なおしてみてはいかがでしょうか。

PMSのメカニズムを知っている人は、どれくらいいるでしょうか。人によって大きく症状が異なるものですが、その原因は、実のところはっきりと分かっていないのです。

 

女性ホルモンのバランスが崩れて起こる様々な症状

女性ホルモン「エストロゲン」と「プロゲステロン」が分泌される時期があります。これは、排卵後に訪れる「黄体期」というものです。これらの急激な変動に関係していると、一節では考えられています。

生理前症候群は肩の凝りの他、頭痛やめまいがしたり、食欲の変化(食べ過ぎるなど)、動悸、倦怠感、吐き気、腰痛、関節の痛み、下腹部の張りや違和感、便秘、下痢、イライラと攻撃的になり、怒りっぽくなる、無気力になる、集中力が低下する、孤独感がある、無性に泣きたくなるなど様々です。

人の数だけ症状があるので、この他にもかなり多くの症状があるといえるでしょう。

 

その肩こり、PMSが原因でひどくなっているのかも!?

前述してきたとおり、ふたつの女性ホルモンの影響により、排卵を境にPMSが引き起こされています。生理前症候群はこうして引き起こされているのです。

肩こりはそれらの体の不調の一つです。

PMSを知らないために原因が分からず、治らないというストレスが重なって余計にひどいの凝りに悩まされている人も少なくありません。特にデスクワークなどの仕事をしている女性は、毎月の疲れがたまったりと、毎月肩の凝りが悪化するように感じている人は少なくないようです。

生理前症候群による、肩の凝りを緩和する方法はちゃんとあります。これから、それを詳しく見ていき知っていきましょう。

 

PMSによる肩こりを改善する方法

産婦人科で薬を処方してもらうことでの緩和方法もあるのですが、やはり、お家で自分の力でできる方法を、少しずつ無理なく試すのも良い方法です。

例えば、血流を促進させ、心身ともにリラックスさせることです。ホットヨガやウォーキング、スロージョギングなどの軽い運動はPMSに限らず、美容や健康に良いのでおすすめです。

月経前症候群の症状が出ていないうちに、予防を行うことも大事です。そのためには基礎体温を測り、カレンダーなどに書き込んだりと状況を把握して管理し、自分の生理周期をきちんと知ることが大切です。

忙しい人は書き忘れが多く、把握しきれない事も多いかもしれませんが、現在は、そういったものを管理するアプリなどもありますので無料のものを一つご紹介しておきます。

【おすすめの生理カレンダーアプリ(無料版)】


タイトル
Price: Free+

肩こりを解消するポイントは「温める」

PMSの肩こりにウォーキング

生理前症候群による肩の凝りの治し方としては、まず全身を芯から温めるということです。そのためには、体中を無理なく動かして全身的に運動する有酸素運動がおすすめです。

階段の昇り降りや足踏み、軽いウォーキングなどは、体力に自信のない方でも取り組みやすいかと思います。運動不足が解消できるので、例えばちょっとそこのコンビニまで足早に行ってみる、階段を少し早めに登り降りしてみる、などと手軽にできることから取り入れてみましょう。

街でのウォーキングの場合は、安全のため周りの音をシャットアウトしない程度に音楽を聴くとモチベーションを保つことができます。そして軽いウォーミングアップを済ませたら、肩の凝りに効く体操に挑戦してみましょう。色々な種類のものがありますので、自分で体感的に効いたと思えるものを試して行くのが良いでしょう。

運動が苦手な方は歩いたり走ったりという有酸素運動でなくても肩をすくめる運動や、腕を回す運動などもあります。

 

肩こりにはアロマなどでリラックスするのもおすすめ

次に大切なのは心身ともにリラックスすることです。

30度後半くらいの熱すぎないお湯に、アロマオイルや香りの入浴剤を入れて、アロマセラピーなどを楽しむのがおすすめです。眠りたい時、リラックスしたいときなど、自分の気分に合わせて、アロマの種類も選んでみると尚良いでしょう。

PMSは始まる前の対策や、生活習慣の乱れ、運動不足を解消するといったことが大事です。お仕事や子育てもしながらやっていくことは大変ですが、少しずつ意識して予防していきましょう。