PMS(月経前症候群)対策の専門サイト「LUNAPA!」

PMSが悪化する原因に食べ物やストレスは関係ある?

食生活とPMS
PMSは軽度であれば少しの我慢で済みますが、悪化する場合は生活を送るにしても大変です。生理前症候群が悪化してしまう原因は、身近なライフシーンの中に潜んでいます。そのひとつが、毎日の食事であり、誰でも感じることのあるストレスとの関係です。

生理前症候群の症状を緩和させるためには、さまざまな対策が考えられます。

PMSに効果があるという、入浴やマッサージ、低用量ピルや漢方なども対策の一つです。しかしこれは一時的なものであり、根本的な解決ではありません。大元からの改善としては、ライフスタイルの中に潜んでいる、我慢ばかりのイライラ感を自覚して、上手に発散していくことです。

 

ライフスタイルの一部である食生活は肝心!

何よりも大事なのは、毎日の食事による栄養摂取です。人間の体は、普段食べている食物の栄養成分でできています。その影響は健康面全般に関係するので、PMSに関しても例外とは言えません。

痛みや体調不良は、鎮痛剤など、薬を服用することで抑えることもできます。しかし医薬品には、必ず何かしらの副作用もあります。また、毎月のように薬をたくさん服用するのは、長い目で見ても不安になります。心をリラックスさせることと、食品の栄養という面に目を向けて、ライフスタイルの改善を心がけるのが、健康的なやり方です。

 

PMS悪化につながる糖分とストレス

糖分とPMS

女性にとって悩みの一つでもあるPMSは、ふだんの食生活や、日常的に感じるストレスからも影響を受けています。口にするもので気をつけたいのは、砂糖をたっぷりと含んだ食べ物です。疲れた時には甘いものを食べることもあすが、幸せを感じるのは、ほんの一時的なものです。

PMSは心の面でもイライラしたり、落ち込みやすくなって不安定です。砂糖を摂取することで、血糖値は急上昇します。そうなると、脳だけではなく、カラダにも急な変化を感じることにあります。セロトニンへの影響があるので、更に砂糖を口にしてしまい、心も不安定になってきます。

女性である以上、おいしいスイーツを食べることは楽しみの一つではありますが、砂糖の糖分の過剰摂取は悪影響を及ぼす可能性もあります。我慢しすぎるとかえってストレスになりますが、ストレスにならない程度に控えるようにしましょう。

食事の面では、新鮮な野菜やフルーツを、たっぷりと摂取しましょう。ビタミンEやビタミンBの栄養成分も、積極的に摂取すると良いです。神経を緊張させたり、心の不安を加速させる、アルコールやカフェインは控えたほうが無難です。

 

適度な運動やストレッチでストレス解消

PMS改善には運動も効果的

PMSが悪化してしまう要因として、ストレスとの関係性も否めません。刺激を受けた心と体は、自律神経に関係していて、情勢ホルモンのバランスを崩してしまいます。自律神経は不安定にはさせないで、バランスを良い状態で維持することも大切です。自律神経は、身体への冷えも大きな原因のひとつです。食生活を改善することと、ストレスを発散させるのは、PMS改善にも有効な手段です。

ウォーキングやスロージョギング(歩くよりも少し早い程度のジョギング)はダイエットにも効果的ですし、適度な運動をすることはストレス解消にもなります。また、ストレッチやヨガなども血流を良くする効果が見込めるためおすすめです。運動をすることはPMSだけでなく、冷え性やダイエットなどにも効果が高いので可能な範囲で行うように心がけてみましょう。

 

リラックス効果におすすめのアロマやカルシウムを含んだ食材

PMSとアロマテラピー

婦人科系の悩みであるPMSは、実は心と栄養との関係が大きいものです。PMSで心が不安定になりやすい、苛立ちやすいときには、アロマテラピーでリラックスして、症状を和らげるのも一つです。アロマの中でも、ネロリなどは効果的です。アロマの成分は、脳への良い刺激にもなります。

PMSで気持ちがイライラした時には、カルシウムの多い食品を食べると良いです。しらす屋干し海老、ひじきやいわし、モロヘイヤも良いです。アーモンドや納豆、あさりなどのマグネシウムを含む食材もよいでしょう。魚や鶏肉、にんにくや大豆には、ビタミンB6が豊富ですから、積極的に食べたい成分です。

 

PMSによる腰痛や便秘を改善する食事、食材

PMSで腰痛の症状を感じるならば、体を温めるホットドリンクを飲むと良いです。ジンジャーやカモミールで、ホットドリンクを作り、体内の血液循環も良くしましょう。

便秘になりやすいこともあるのは、黄体ホルモンがいつもより多く分泌されるためです。そんなときには、ヨーグルトや味噌などの発酵食品、オリゴ糖などを食事に取り入れると良いです。こんにゃくや果物などの水溶性食物繊維や、きのこや大豆などの不水溶性食物繊維も、便秘改善に役立ちます。PMSで肌荒れがひどい時には、ビタミンを豊富に含む野菜をたくさん食べましょう。