PMS(月経前症候群)対策の専門サイト「LUNAPA!」

PMSで吐き気が…、PMSによる吐き気の原因と対処法

PMSによる吐き気

生理前になると、体がだるくなったり、下腹の痛みや腰痛などといった体の不調や、イライラしたり、悲しくなったりといったメンタル面の不調などが起こります。中には、生理前に吐き気がするという人もいます。

PMSの原因は、はっきりとは解明されていませんが、ホルモンバランスの変化が大きく関わっていると言われています。

生理前の吐き気は“つわり”に似ていますが、基礎体温を付けていれば慌てずに対処することができます。

それではここからはもっと詳しくPMSによる吐き気の原因と対処法についてお話していきます。

PMSで吐き気が起こる原因

PMS(生理前症候群)の症状では、吐き気が強くなることがあります。

原因として考えられるのは、黄体ホルモン(プロゲステロン)の影響で骨盤内に血液が流入して充満することで、下腹部が張った感じになり、膨満感があらわれるからです。

また、気分が悪くなって食べられなくなり、空腹が続くと胃酸過多になって症状が悪化することもあります。空腹が直接の原因になるわけではありませんが、空腹によって胃が荒らされてしまうことにより症状が深刻になる危険性があります。
 

胃腸が弱い人は特にPMSで吐き気を起こしやすい?

生理の時に、プロスタグランジンというホルモンが分泌されることで、生理痛になると言われています。

この物質は、経血の排出を促すために子宮の収縮を促進する働きをしますが、分泌量が多くなると腹痛や腰痛などの症状を起こします。そして、胃腸が弱い人や嘔吐反応が強い人は、急に吐き気に襲われたり、吐きそうで吐かない症状に悩まされるのです。
 

お酒などのアルコールやストレスも吐き気の原因に!

生理前は免疫力が低下していますので、普段通りお酒を飲んだだけでも内臓に負担がかかってしまいます。

肝臓は、アルコール分解の限界を超えると、体が疲れやすくなり、胃もたれになりやすくなります。また、仕事などのストレスを溜め込んでしまう人も、吐き気の症状が出やすいようです。

飲酒とPMSが重なったり、ストレスとPMSが重なるなどによって吐き気の症状が出てしまう傾向が強いということが分かってきました。また、プロスタグランジンは、乳製品や甘い物を食べ過ぎると、多く分泌されてしまいます。
 

PMSによる吐き気の対処法

吐き気がひどい場合には、まず安静にすることが大切です。

そして、必ず体を温めるようにしましょう。PMSによる吐き気の主原因は、黄体ホルモンの影響で体に水が溜まることによるものです。水は体に必要なものですが、多過ぎれば毒になります。東洋医学では体に余分な水が溜まって悪さをすることを、「水毒」と呼んでいます。水毒の症状を改善するには、体を温めることが何よりも重要です。

 

お腹の張りや吐き気などのPMS症状は腹巻やカイロで対処を!

カイロ

お腹が張って気持ち悪いというのならば、お腹を温めるように腹巻をしたり、カイロを下腹部に貼っておくと良いです。また、背中側の腰の部分にカイロを貼るのも良い方法です。

腰に手を当てた時に手が触れる左右の位置に、一枚ずつ貼っておくと効果が高くなります。この位置はちょうど腎臓があるので、水分代謝を良くして、水の排出を促してくれます。

そのほか、食生活でも体を温める食物を摂取しましょう。体を温める作用があるのは、色の濃いもの、水気の少ないもの、硬いもの、です。一例をあげると、生姜、人参、ごぼう、じゃがいも、かぼちゃ、玄米、りんご、黒糖、などがあります。

 

PMSによる吐き気やむかつきはとにかく温めることを積極的に行う

PMSで気持ちが悪い時には、体を温めることが大切だということはお分かりいただけたかと思います。

下腹部や背中側の腰の位置にホッカイロを貼ったり、腹巻をするなどしてお腹を冷やさないようにしましょう。腎臓を温めることで、黄体ホルモンによるむくみの症状を改善する効果も得られます。

食事では、体を温める作用のある食材を積極的に摂取するように心がけましょう。

気分が悪くて食べ物が食べられないという場合には、体を温めて水分補給ができる生姜紅茶を作って飲むこともおすすめです。甘みが欲しいならば、それに黒糖かハチミツをプラスすると飲みやすくなります。いずれにしても、体に水分を溜め込む水毒の状況を脱することが重要です。
 

アロマや背中をさすってもらうことでPMSによる吐き気に対処

アロマで吐き気に対処
筋肉の緊張が原因の場合には、心地よいと思えるアロマをかいだり、ほかの人に背中をさすってもらうのも良い方法です。人にさすってもらうことで筋肉の緊張がほぐれ、痛みが緩和することもあります。

自分でさすると強さが予測できてしまいますが、人にさすってもらうと強さが予測できないので、余計に心地よいと感じられます。

気持ちが悪い時には、無理をせず安静にするように心がけましょう。

食事に関しても、無理に食べるよりは食べられるものを少量、というくらいで構いません。無理に何かしようと思わず、体を温めてできるだけ楽に感じられる環境で過ごすようにしましょう。
 

PMSの吐き気や頭痛、寒気にはどんな改善方法がおすすめ?

PMSの痛みや吐き気を抑えるためには、プロスタグランジンの分泌量を抑えることが一番です。

青魚に含まれているDHAとEPAには、プロスタグランジンの分泌を抑える効果があります。それから、マグネシウムを多く含むナッツ類や、大豆製品などには、子宮の収縮を穏やかにする効果があります。

しかし、生活習慣に問題があれば、食べ物だけで改善することはできません。

例えば、低血圧で冷え性だと、血行不良の影響で子宮の収縮がスムーズに行われません。そうなると、プロスタグランジンが頑張って子宮を収縮させて、経血を排出させようとするので、余計にプロスタグランジンの分泌量が増えてお腹が痛くなります。

ですから、体を冷やさないように湯船で体を温めたり、体を温める生姜などの食材を食事に取り入れるなどの改善を行う必要があります。

普段から、定期的に有酸素運動を行って血行を良くしておくことも有効な手段です。また、血行改善には、質の良い睡眠を確保することも重要です。
 

PMSの吐き気には漢方薬で対処することも可能

PMSの症状を軽減するサプリメントや低用量ピルなどがありますが、吐き気にピンポイントで効くというものではありません。

あくまでも、ホルモンバランスを整えて、PMSの症状を和らげるというものが大半となっています。

【サプリメントによる改善方法やピルに関してはこちらの記事を参照】
PMSサプリメントおすすめランキング
PMSを低用量ピルで改善

低用量ピルは、婦人科の診察を受けなくては手に入りませんし、副作用もあるため飲んでみて合うかどうかが心配という方も多いと思います。そこで、できれば自然由来の成分で治したいという人にお勧めなのが“漢方薬”です。

五苓散は、吐き気以外にも利尿作用がありますので、PMSでむくみやすいという人にもお勧めの漢方です。それから、桂枝茯苓丸は、吐き気ではないのですが、婦人病全般に効果を発揮する漢方で、冷えを改善ことができます。

五苓散(ゴレイサン)
五苓散(ゴレイサン)
漢方でいわれる体質に関係なく、吐き気や頭痛、むくみといった症状に用いられます。

桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)
桂枝茯苓丸
比較的体力がある方のPMSの各症状改善のために用いられます。

他にも、加味逍遥散当帰芍薬散など、体を温めてPMSの症状を穏やかにしてくれる漢方が沢山あります。できれば、病院や漢方の専門店で、相談しながら体質に合った漢方を処方してもらった方が良いでしょう。効果的な飲み方も教えてもらうことができます。

 

PMSなのか妊娠初期のつわりなのかわからない場合

PMSの吐き気とつわりの症状は似ています。

妊娠すると吐き気があらわれますが、それとPMSの症状はほとんど同じです。それは、つわりの原因もホルモンバランスの変化によるものが大きいとされているからです。

吐き気の感じでいうならば、「胃から込み上がってくる感じ」「出そうで出ない感じ」などです。
 

基礎体温を計って見極める

基礎体温を計ることがポイント
妊娠しているかどうか気になる人は、基礎体温を毎日計ってグラフにしてみましょう。

PMSの場合は、生理前になると0.3度くらい基礎体温が上がり、黄体期に入ります。通常、高温期は、11日~15日で終わります。妊娠している場合は、高温期が16日以上続きます。

面倒でも3ヶ月くらい基礎体温を付けていくと、そろそろPMSがやってくると、前もって自覚をして対処することができるようになります。それに、もし婦人科で診てもらいたいといった場合に、自分の基礎体温のグラフをプリントアウトしたものを持参すれば、医師の診断も的確になります。

吐き気が続くと、周囲にも心配をかけてしまいます。だらだらと思い悩んでいるとPMSの症状が悪化してしまいますので、「妊娠かも?」と思い当たる節がある場合には、思い切って妊娠検査薬で確認してみるか、婦人科でしっかりと診てもらいましょう。