PMS(月経前症候群)対策の専門サイト「LUNAPA!」

PMSで頭痛が起こる原因やメカニズムと対処法

PMSと頭痛

PMSとはPremenstrual syndromeの略称で日本語訳すると生理前症候群という意味になります。

このPMSは生理前3~10日の間続く精神的、および身体的症状のことです。具体的には、頭痛、腰痛、腹痛などの疼痛症状、食欲不振、めまい、倦怠感などの自律神経症状、情緒不安定、抑うつ、不安、睡眠障害などの神経症状などがあります。

その原因に関してはまだ明らかとはなっていませんが、決まって生理前に起こるので、女性特有の月経周期による体内女性ホルモン量の変化が関係しているのではないかと考えられています。

 

PMSの症状の代表格の一つ「頭痛」

その中でも最も特徴的な症状の1つとして挙げられるのが頭痛です。

このように月経周期と関連して頭痛が起こるため、頭痛に悩まされる女性が多いのです。この生理前症候群での頭の痛みは、ロキソニンなどといった解熱鎮痛剤を服用しても症状が軽減しないことも多く、余計に女性を悩ませています。

それ故に、なぜ頭痛が起こるのか、どのようにしたらその頭痛の原因を止めることができるのか気になる方も多いのではないかと思います。

そこで、ここではPMSでどうして頭痛が起こるのか、そのメカニズムについて説明していきたいと思います。

 

PMSで頭痛が起こりやすい理由とメカニズム

PMSの時にまず女性ホルモンの体内量が変化します。PMSは排卵後、黄体を成長させている段階で起こりやすいです。

排卵前には、女性ホルモンの中でもエストロゲンと呼ばれる卵胞ホルモンの量が多くなります。しかし排卵後、黄体の成長している段階ではエストロゲンよりもプロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンの量が多くなります。

プロゲステロンがPMSに深く関わっているのですが、その詳細は明らかとはなっていません。しかし、このように排卵後にはホルモン量の変化が著しいです。

その影響によってホルモンバランスが乱れ、結果として自律神経系の働きが乱れることがあります。

 

頭痛のトリガー「交感神経」と「副交感神経」

自律神経系は交感神経系と副交感神経系に区分することができますが、この女性ホルモンの乱れの影響で、交感神経系と副交感神経系の興奮度合が安定しなくなります。

もし、副交感神経系が過剰に優位に働いたりすると頭部の血管が拡張されて、脳内に占める血管の容積の割合が増えてしまい、血管以外の脳神経組織が圧迫されて、頭の痛みが症状として現れることがあります。

また、プロゲステロンの量が増えると、妊娠の準備のために体内循環血液量が増えやすくなります。これによって血管が拡張し、頭の痛みが現れるという説もあります。

 

PMSの諸症状も頭痛もホルモンバランスの乱れが原因

結論的には、PMSによる頭の痛みはホルモンの乱れによって、自律神経系が乱れることで起こりやすくなります。自律神経系の中で副交感神経系が優位に働くと、脳血管が拡張し、脳神経を圧迫するため頭の痛みが起こります。

またPMSの期間中は月経周期からすると、妊娠の準備をする時期にあたるため、循環血液量が多くなり、それによっても血管が拡張してしまい、脳神経を圧迫し、頭の痛みが起こります。

自律神経系の乱れは、女性ホルモンの乱れだけでなく、生活習慣によっても乱れやすくなります。

 

自律神経の乱れを起こさないためにも生活習慣が重要

例えば、夜遅くまで遊んだり、仕事をしたりする人は自律神経系の乱れが起こりやすくなります。また日頃から仕事や勉強の疲れなどストレスを抱えていると、これもまた自律神経系の乱れにつながります。

よってPMSの起こる月経前の時期にはなるべく規則正しい生活を送ること、疲労やストレスをためない生活を送ることが重要となります。

そのような生活面の改善が体調に反映されず、PMSがひどい状態が続く場合には低用量ピルを服用することが有効な可能性があります。これは規則正しい女性ホルモン量を人工的に作り、規則的で乱れのないホルモンバランスを実現するための薬です。

 

薬でも頭痛やPMSの症状が治まらない場合

PMSの治療で婦人科などを受診すると多くの場合が低用量ピルを処方されることになります。

副作用が起こりやすいので漢方薬を勧められることもありますが、それでもなかなか改善されない場合にはチェストベリーを配合したサプリメントもおすすめです。

テレビCMでも放映されているPMS初の治療薬「プレフェミン」にもチェストベリーが含まれていますが、要指導医薬品ということもあり、薬剤師のいる薬局などで相談して購入する必要があります。

市販における安全性が確立されていないためにこのような販売方法になるわけですが、サプリメントでしたら同じチェストベリーも含まれており、天然成分のものが多いので副作用などの心配も少ないです。

生活習慣の改善とともにサプリメントを服用するのも一つの対処法といえるでしょう。