PMS(月経前症候群)対策の専門サイト「LUNAPA!」

PMS(生理前症候群)における微熱、不眠……規則正しい生活や運動が基本!

PMSによる微熱や不眠

PMS(生理前症候群)によって起こる体の症状には、微熱、不眠などもあります。

微熱は体温が上がることで起こる症状で、これが起こる原因になるのが黄体ホルモン(プロゲステロン)です。これはホルモンの影響で体温が高くなるだけなので、生理が終わればもとの体温に戻ります。

1ヶ月に1度体が火照るような感じがするというのは、プロゲステロンの働きによるものです。この症状が出る人もいれば出ない人もいます。

 

PMSで不眠が続くとさらにつらい状況に…

PMS症状で不眠が出ていると、さらに身体が辛くなります。熱も高い、寝付けない、気持ちも不安定、という状態が重なると、どんなに我慢強い人であっても嫌になります。

そして、一番辛いのは自分の身体が今どのような状態になっているのかがわからないことです。逆に考えれば、PMSのメカニズムさえ知って対処方法を準備しておけば、辛い期間を乗り越えやすくなるということでもあります。

今身体の中で何が起こっているのか、それによってどんな症状があらわれるのかを知っておけば、対策も立てやすくなります。

ここでは、微熱や不眠がなぜ起こるかというメカニズムと、それへの対処法を見ていきます。知っておけば次回からのPMSの辛さを和らげることができるかもしれません。

 

PMSによる微熱や不眠は女性ホルモンの働きによるもの

PMSの症状で微熱が出るのは、女性ホルモンの働きの影響です。

生理前1〜2週間は、生理サイクルでいうと高温期に当たります。この時期に分泌量が増えるのがプロゲステロンです。プロゲステロンは妊娠できる体を作る役割を担っており、子宮を温めたり、基礎体温を保つなど、体温に関わる働きをします。

妊娠に最適な子宮内温度は37℃で、基礎体温が普段よりも高くなりやすいのです。そのため、人によっては微熱のように感じることもあります。

不眠が起こる原因は、黄体ホルモン(プロゲステロン)の増加と卵胞ホルモン(エストロゲン)の減少です。

熱との関連性も大きく、プロゲステロンが多くなると体温が高くなるため、寝つきが悪くなります。人間の身体は、冷えている時は眠りやすく、温まっている時には覚醒するようにできているからです。

 

エストロゲンの減少がセロトニンに影響し睡眠に影響を及ぼす

エストロゲンが減少すると、気持ちを安定させるセロトニンの分泌量が減ります。セロトニンは神経を安定させる作用があり、寝つきを良くさせる作用もあります。それが減ってしまうことで、眠りの質が悪くなったり、入眠までに時間がかかるようになります。

また、セロトニンは睡眠に関与するホルモンのメラトニンの原料にもなっているので、セロトニンが不足すると眠りの質が悪くなります。

これに対しては、食事、運動に気をつけて眠りの質を向上させることが大切です。

 

PMS時の微熱と不眠を改善するために

微熱と眠れないという症状は、どちらも生理前の卵胞ホルモン(エストロゲン)の減少と黄体ホルモン(プロゲステロン)の影響によるものです。

プロゲステロンは子宮の温度を上げて妊娠に最適な環境を作る働きがあるので、そのせいで普段よりも体温が高く感じられます。普段から体温が低い人は、たとえ平熱でも微熱があると感じやすいです。

眠れないという症状は、プロゲステロンによって体温が上がって覚醒状態になってしまうことと、エストロゲンの減少によってセロトニンの生成量が減ってしまうのが原因で起こります。

セロトニンは睡眠ホルモンのメラトニンの原料としても使われているので、セロトニンが不足してメラトニンが作られなくなって、という理由で生理前は睡眠の質が下がります。

どちらの症状にしても、女性ホルモンが原因で起きていることです。

これは女性に生まれついたからには避けられないことです。もちろんPMSの症状が全く出ない人もいますし、出ても症状が軽くて済む人もいます。

 

PMSの微熱や不眠症状はピルや生活習慣の改善で解決を!

産婦人科で身体の症状を軽くするピルを処方してもらうのも良いですし、寝つきの問題だけであれば睡眠薬の力を頼っても良いでしょう。

また、生活習慣を見直して、夜寝る前に目に刺激を与えない、日中軽く運動して夜眠りやすくする、筋肉をつけて眠りホルモンが出やすくする、などを心がけましょう。

とにかく、自分がどうすれば快適でいられるかを把握しておくことが大切です。