PMS(月経前症候群)対策の専門サイト「LUNAPA!」

PMSの予防法には生活習慣の改善が効果的!

PMSの予防

PMSと上手に付き合って少しでも緩和できるようにすることはできます。自分にあったPMSの乗り切り方や予防法を見つけることが大切です。

PMSは生理前症候群ともいいます。症状は人により、または同じ人でも月により症状が異なり、種類はなんと200以上あるのです。生理前に心や体に不調を感じる場合はPMSの症状である可能性があります。

PMSの代表的な症状は、イライラしたり、急に泣きたくなったり、憂鬱な気分になったり、情緒不安定になり家族や身近な人にやつあたりをしてしったり、集中できないなどという心や精神的症状があります。体の不調では乳房のはりや痛み、疲れやだるさ、肌荒れやニキビ、体重増加、眠気、のぼせなどがあります。

 

PMSの要因はさまざま

PMSは、人により症状が異なるため、原因ははっきりとはわかっていません。

考えられる原因のひとつは女性ホルモンで乳房や子宮を発達させて女性らしい体を作る卵胞ホルモンのエストロゲンと黄体ホルモンで妊娠を助けるホルモンのプロゲステロンの急激な変動が関わっているということです。

PMSの症状を重くする要因もあります。急な環境の変化やハードワークなどでのストレス、真面目で几帳面な完璧主義などの性格や考え方、カフェインのあるコーヒーやお酒などを良く飲んだりバランスの悪い食事を摂っている場合などが症状を重くする場合があるのです。

 

PMSを予防するために大切なこと

PMS(生理前症候群)は上手に付き合うことが大切です。予防法は、ライフスタイルの改善です。不規則な生活を改善したり、ストレスを発散して、バランスの摂れた食事をすることがPMSを予防することが可能になります。乱れたライフスタイルは免疫力の低下を招き、さまざまな体の不調や病気の原因になるのです。

予防法のポイントは、バランスの良い食事、アルコール、塩分、カフェインを控える、軽い運動、禁煙、ダイアリーをつけるなどです。バランスの良い食事は、肉体的にも精神的にも影響が大きいものです。食べるものの選び方や食べ方など日々の工夫でPMSは改善されます。

食生活の見直しでPMSを予防

食欲が増してイライラする場合には、血糖値をゆっくりと上げる食材のでんぷんを含む穀物類や豆類、芋類などを摂取して、血糖値を急激に上げるチョコレートなどは避けます。

情緒不安定な場合は、神経を落ち着かせてリラックスできるかつお、レバー、海草類などビタミンB6やカルシウム、マグネシウムを摂取します。これらの他に積極的に摂取したい食べ物は牛乳、ヨーグルト、ひじき、卵、鶏肉などです。

PMSの予防法として軽い運動も良い方法です。憂鬱でやる気がでないこともPMSの症状でもありますが、そんな時こそ軽く運動をして気分転換になり、代謝を促すため改善されるのです。無理することはありませんが、ストレッチ、ヨガ、散歩や深呼吸など軽い運動も生理前症候群を予防するには大切なことです。

 

年齢によって差があるからこそ生活習慣改善が重要!

PMSは年代によっても変化してきます。一番症状に悩まされるのは20代〜40代です。

特に30代は乳房のハリや下腹部、頭痛などの体の不調と同時に、生活や仕事が忙しくなり、精神的にも不安定になりやすく、攻撃的になるなど精神的な症状が顕著にあらわれます。自分ではわかっていてもどうにもすることができないということも多いです。

さまざまな体調の変化などで症状もいろいろあるため、ライフスタイルの改善でセルフケアをすることがPMSを軽減させる予防法なのです。忙しい毎日を送っていると難しこともありますが、PMSの辛さを考えると実践してみることも良い選択と言えます。

 

とにかく一番身近な食事から見直しを

PMSと食生活の改善

まずはバランスのよい食事です。食事の摂り方に問題がある場合は体重増加やむくみ、乳房痛などが起こる原因になり、症状を悪化させます。

ホルモンバランスを整える作用があるカルシウムやマグネシウム、ビタミンB6を含むかつお、レバー、ナッツ類、女性ホルモンの似た働きのある豆腐や豆乳に含まれるイソフラボンなどを積極的に摂取します。

またお酒の飲み過ぎやコーヒーでカフェインの摂り過ぎもよくありません。

有酸素運動も予防になります。軽い運動は気分転換になるためストレッチ、ヨガ、散歩などが良いです。いくつか予防する方法はあるわけですが、無理することなく自分にあった方法を見つけて気軽にやってみることが大切です。

これらの方法でも予防できない、改善しない場合は、医師に相談して症状に合った治療を行なうことも大切なことです。