PMS(月経前症候群)対策の専門サイト「LUNAPA!」

PMSの改善を医薬品に頼り過ぎるとよくない理由

PMSと薬
PMSとは生理前症候群のことで、生理前の体調不良全般を総称していいます。

PMSの具体的な症状としては、むくみ、腹部膨満感、乳房の張り、頭痛、下腹部痛、腰痛、食欲不振、めまい、倦怠感などが挙げられます。さらには、これらの身体症状だけでなく、うつ状態やイライラ感などの精神症状を引き起こすこともあります。

これらが起こる原因としてはホルモンの乱れからくる、自律神経系の乱れが考えられます。

 

PMSの緩和に用いられる対症療法

生理前とは、排卵が起こって、急激に女性ホルモンのバランスが変わってしまう時期です。

これにより女性ホルモンのバランスが乱れ、さらに自律神経系の乱れも引き起こします。自律神経系は交感神経系と副交感神経系に分類できますが、この調節が乱れ、どちらかが過剰に働いたりすると、前述のようなPMSの症状が現れます。

その対処法として、胃薬、痛み止めなどの医薬品の服用による対症療法が行われることがありますが、それでも効果が出ない場合には低用量ピルを服用することがあります。

この低用量ピルは卵胞ホルモンと黄体ホルモンの両方を適度な量服用し、月経周期を人工的に作り出し、それによってホルモンバランスの乱れを起こしにくくするのですが、これには大変大きなリスクがあります。

 

PMS改善のための主な薬のリスク

PMSの改善を低用量ピルに頼り過ぎるとよくない理由の1つとして、血栓塞栓症のリスクが増加することが挙げられます。

この血栓塞栓症の発症にはエストロゲンが関与しており、エストロゲンが血液凝固系に作用して、血栓塞栓症を引き起こします。よって脳梗塞の既往歴のある方にはピルは禁忌となっています。

また喫煙習慣のある方にはそれがない方と比較して、低用量ピル服用による血栓塞栓症の発症リスクがより高くなるという報告があるため、35歳以上で喫煙習慣のある方には低用量ピルは禁忌となっています。

また低用量ピルに頼りすぎるとよくないもう1つの理由として、不妊症となってしまう可能性が高いことです。ですから妊娠を希望される場合には医師と相談した上で、低用量ピル以外の対処法を考えてもらうようにしましょう。

 

鎮痛剤などの薬の常用にも注意!

ただ低用量ピルだけでなく、他の対症療法に使用する薬によっても悪影響が出る可能性があります。

例えば、頭痛、腰痛などでロキソニンなどの解熱鎮痛剤を使用する場合には、薬が胃に負担をかけやすいので注意が必要です。胃炎も慢性的になると、胃がんを引き起こす可能性も出てきます。胃を守るためにはなるべく食後に多めの水で服用するようにしましょう。

 

医薬品よりもまずは生活習慣の見直しを

生活習慣
医薬品には有効性もあれば副作用も現れることがあります。

前述のとおり、低用量ピルによっては、血栓塞栓症のリスクが増加してしまいます。痛み止めを服用するのでも、胃炎を引き起こし、それが慢性的に続くと発がんリスクも出てきます。

ある程度症状がひどい場合にはもちろん医薬品による治療が必要にもなります。しかし最初から医薬品に頼るのではなく、まずは生活習慣の改善から考えてみましょう。

PMSはホルモンバランスによって自律神経系が乱れることによって起こりますが、自律神経系は生活習慣によっても乱れることがあります。

 

PMSの根本的な改善には薬よりも生活習慣の改善が有効

例えば、夜遅くまで仕事をしたり、遊んだりすると自律神経系は乱れてしまいます。また仕事や勉強によるストレスを感じている状態が続いてしまうと、それもまた自律神経系の乱れにつながってしまいます。

まずは規則正しい生活を心がけましょう。

どれだけ忙しくても必ず1日の中に休息をとる時間を設け、リラックスをしましょう。夜も必ず睡眠時間を確保しましょう。リラックスするということは自律神経の調子を整える効果があるので、PMSの改善には有効です。

睡眠以外にも適度な運動、趣味など自分がリラックスできることを探し、それを生活に取り入れることが重要です。また、医薬品によるリスクを軽減するためにも生活習慣の改善の並行してサプリメントを飲んでみるのもおすすめです。