PMS(月経前症候群)対策の専門サイト「LUNAPA!」

PMSの症状で胃痛や胃もたれがすることはある?

PMSと胃痛・胃もたれ

PMSとは生理前症候群のことで、多くの女性が月経前に悩まされる諸症状のことを総称していいます。

具体的には月経前に、乳房や腹部の張り、むくみ、頭痛、腰痛、下腹部痛などの疼痛症状、めまい、倦怠感、ふらつきなどの身体的な症状があります。さらには、情緒不安定、抑うつ、不安、睡眠障害などの神経症状を引き起こすこともあります。

 

PMSは排卵後からのホルモンバランスが関係

このPMSが起こりやすいのは月経の1~2週間前と言われています。その前の段階で排卵が起こります。その排卵が起こると、卵胞が抜け殻状態となり黄体に変化します。

この排卵の前にはエストロゲンと呼ばれる卵胞ホルモンが優位に働いていますが、排卵後黄体を形成するとプロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンが優位に働くようになります。このように排卵~生理の間には体内ホルモン量の急激な変化が生じます。

PMSはこのホルモン変化によってホルモンバランスが崩壊することが原因と言われています。

女性ホルモンのバランスが崩れると自律神経系のバランスも崩れてしまいます。それによって上記の諸症状が出てしまいます。胃痛や胃もたれに関してもこの自律神経系のバランスが崩れることによって起こるのですが、実際どのようなメカニズムでそれが起こっているのか説明します。

 

PMSで胃痛や胃もたれがするメカニズム

PMSの症状の1つとして胃痛や胃もたれが挙げられます。

これも前述の通り自律神経系の乱れによって症状が起こります。胃や腸などの消化器官の働きは自律神経系によって調節されていますが、自律神経系は交感神経系と副交感神経系に分類することができます。

交感神経系が興奮すると、消化器の機能は低下し、働きは弱まります。一方で、副交感神経系が興奮すると、交感神経系とは逆に消化器の機能は亢進し、働きが強まります。この2つの神経がともに働き、バランスをとることで、適度な働きを普段は維持しています。

しかしこの自律神経系のバランスが前述のホルモンの影響などによって崩れてしまうと、どちらか一方が過剰に興奮したり、あるいは興奮しなくなったりします。これによって働きの波が大きくなってしまいます。

 

副交感神経系の乱れが胃痛や胃もたれの直接的な原因

もし、副交感神経系が過剰に興奮してしまうと、消化器機能が過剰に興奮してしまい、胃酸が過剰に分泌されたり、胃の運動が活発になったりします。すると実際に胃もたれや吐き気がすることがあります。

もし胃酸の分泌が多い状態が継続すると、胃の粘膜を傷つけてしまい、重度になると、胃の痛みを感じるようになることがあります。こうやってPMSで胃痛などが起こるのです。

 

自律神経系の乱れはホルモンの影響だけではない

PMSによって前述のような胃の異常が起こるのは自律神経系の乱れによるものです。

ただPMSは起こる方もいれば起こらない方もいらっしゃいます。これは女性ホルモンの影響以外に環境因子が影響していることが考えられます。

実は生活習慣の乱れによっても自律神経系が乱れることがあります。その例としては、夜遅くまで仕事や遊びをして十分な睡眠が規則的にとれていないこと、日中の仕事にストレスを感じ、自宅に帰宅しても気が休まらないことなどが挙げられます。

 

規則的で健康的な生活習慣を!

このような生活習慣を持っていて、PMSが発症している場合にはまずは生活習慣の改善を行うようにしましょう。

なにより大切なのは休養をとることです。

これによって交感神経系が休まり、副交感神経系が働くようになります。自律神経系の働きにもメリハリをつけることで乱れは起こりにくくなります。またリラックスできる趣味を見つけることでも交感神経系の興奮を静めることができます。

しかしそういった生活習慣の改善によってもPMSが改善しない場合には治療も必要になってきます。

当然ですが胃の異常に対しては胃薬を飲むことが有効となります。しかしPMSの根本の改善には低用量ピルの服用、もしくはサプリメントなどによる月経周期の正常化がいいでしょう。