PMS(月経前症候群)対策の専門サイト「LUNAPA!」

PMS対策にチェストベリー配合のサプリメントがおすすめの理由

チェストベリー

女性の悩みに多いPMSですが、症状の表れ方は様々であり、寝込むほど体がダルい人もいれば、頭が痛く仕事もままならなかったりと、日常生活に大きな支障が出てしまいます。

そんな中で、チェストベリーと呼ばれる植物のエキスを配合したサプリメントが注目されています。

チェストベリーというのは、元々地中海や中央アジア地域で育つチェストツリーと呼ばれる植物になる果実の事であり、このチェストベリーは女性ホルモンとそっくりの働きをしてくれるのです。

他のサプリメントと比較した場合、天然由来の成分である事から安全性も高く、体に優しいという点でもおすすめ出来ます。

 

チェストベリーの効果や効能について

PMSの大きな特徴の一つに女性ホルモンが乱れる事によって、ホルモンの分泌が滞ってしまい、結果的に体が重くなったり、激しい頭痛に悩まされる等、様々な不調に陥ってしまいます。

チェストベリーは、このように乱れてしまっているホルモンバランスを正常化しつつ、女性ホルモンの分泌を促してくれる効果があります。

 

近年、ドイツなどで科学的な研究が進められ、チェストツリーはホルモンと似た作用を持つことが明らかになりました。ドイツではチェストツリーが月経前症候群(PMS)の症状の治療薬として認可されています。

引用元:わかさの秘密「チェストツリー」

 

それによって、月経前に現れてしまう身体的な不調である頭痛、肌荒れ、むくみに加え、イライラ、憂鬱などの精神的不調を大きく改善してくれるのです。

また、チェストベリーはPMSだけでなく、月経後に起こる月経痛や子宮の病、そして年を重ねると起こってしまう更年期障害の改善や緩和などにも期待出来るとされています。

 

チェストベリーに副作用はある?

容量を守る

チェストベリーは天然由来のハーブである事から、安全性は極めて高いものの、過剰摂取は禁物です。

これまでチェストベリーには重大な副作用は見られないとされてきたものの、過剰摂取などによって、胃腸障害やめまいなどを引き起こす可能性もあるため、摂取量には気を付けましょう。

チェストベリーの一日の推奨摂取量は30mg~40mgとされ、これ以上の摂取は注意しなければなりません。

また、チェストベリーはホルモン値に影響を与える成分ですので、妊婦の方はもちろん、ホルモンの感受性に留意しなければならない方は摂取を控えておいた方が良いでしょう。

 

生活習慣の改善も行うことでより効果的なPMS対策に!

PMSはサプリメントでの改善も有効的ですが、生活習慣を改善する事によって緩和、予防する事も可能です。

PMSの原因にはホルモンバランスの乱れの他にも糖分の過剰摂取などもあり、チョコレートやケーキなどの糖分の多い食べ物を食べ過ぎると、血糖値が急激に上昇してしまい、PMSの症状がより強くなってしまいます。

また、適度に運動をして体を温める事により、体の冷えや体調が乱れるのを防いで、ホルモンバランスの調整にも大きく役立ちます。

このように、生活習慣を見直してあげるだけでも、PMSの症状を和らげて改善する事もできるのです。

 

【生活習慣の改善で心がけること】

  • 睡眠をきちんととる
  • バランスの取れた食事
  • アルコール、塩分、カフェインを控えめにする
  • 禁煙する(喫煙者の場合)
  • 軽い運動を習慣化する
  • 甘いものの過剰摂取をしない

 

まとめ

チェストベリー配合サプリメントは女性特有の悩みであるPMSだけでなく、更年期障害などの症状の予防・改善にも大きく役立つという点で非常に魅力的であるといえます。

しかし、他のサプリメントにも言えることですが、摂取量などをきちんと守り、正しく摂取する事によって、初めて本来の効果を発揮してくれるという点には注意しましょう。

また、サプリメントだけに頼るのではなく、自分自身の日常生活を見直し、お菓子類を控えたり、脂肪分の多い欧米型の食生活を栄養価の高い和食中心の食生活に切り替えるなど、生活習慣を改善する工夫をしていけば、PMSの症状を大きく緩和・改善出来ます。

 

チェストベリー配合のサプリメント紹介記事はこちら
PMSサプリメント