PMS(月経前症候群)対策の専門サイト「LUNAPA!」

PMS(生理前症候群)の下痢や食欲不振、仕事にも影響が出るなら注意!

PMSによる下痢

生理前1〜2週間にあらわれるのが、PMS(生理前症候群)という症状です。

心と体の双方に不具合があらわれることがあります。原因は解明されていませんが、生理前になると増える黄体ホルモン(プロゲステロン)の影響を受けるからだと考えられています。

人によっては全く症状が出ないこともあれば、生活に支障をきたすほど深刻化する人もいます。生活に支障が出ている場合には、PMDDと呼ばれます。

PMSを抱えている女性は、7割以上いると言われています。PMSは最近認知され始めた病気なので、女性でもその病名を知らない人もいます。ということは、男性などにも理解されづらい病気だということです。

 

PMSによって恋愛や夫婦関係、仕事に影響が出ることも

実際、PMSのせいで不仲になってしまうカップルはたくさんいます。PMSになるとイライラして些細なことで怒ってしまうので、相手を不快にさせてしまうからです。

また、職場でも集中力が切れてミスが多くなったり、ちょっとしたことでカッとして築き上げてきたものを台無しにしてしまうこともあります。心身の問題だけではなく、社会的な問題も関わってくる女性特有の症状なのです。

それに加えて、体にも不具合が起こるとなると本人にとってはかなり辛いはずです。ここでは、PMSにともなって起こる下痢と食欲不振の原因と、その対処法を見ていくことにします。

 

PMSによる食欲不振や下痢には注意が必要!

PMSの症状として、下痢や食欲不振が起こることがあります。

精神的に落ち込んだり、イライラする上に、体の症状まで起こるのはかなり辛い状況です。食べていないのに下痢が起こると、水分が不足して脱水症状になる危険性もあります。

知っておいてもらいたいのは、生理前に食欲が落ちるのは異常なことではないということです。

生理前には、女性ホルモンが各機関に指示を出し、血液を押し出す準備が始まります。この時、骨盤の中ではうっ血状態が起こり、骨盤の中の血液量が普段よりも多くなります。

すると子宮が膨らみ、骨盤の神経を圧迫するので、下腹部が張って苦しくなり、食欲不振が起こります。食べられない状態で下痢が起こるのであれば、水分だけはしっかりとっておくようにしましょう。下痢では多くの水が失われるので、脱水症状の危険性があるからです。

ただし、こういったPMSの症状で仕事が手につかないという場合には、注意が必要です。

食べないとエネルギーが出ないので、頭がボーッとしてしまいます。それを防ぐには、スープやヨーグルトなど自分が食べやすいもので良いので、少量でも摂取することが大切です。スープは体を温められるような根菜類が入ったものを食べられるとベターです。

 

PMSにより生活に大きな支障をきたす場合はPMDDの可能性も

PMDD

体にも心にも症状があらわれるPMSは、非常に厄介な症状です。それが原因で仕事や生活に支障が出ている場合には、PMDDです。

下痢だけが出ているのならば、なるべく体を冷やさないような生活を心がけましょう。

下痢というのは、いわば体の中の余分な水分を出したがっている状態です。生理前はホルモンの影響で体が水を溜め込みやすくなるので、症状が強く出てしまうことがあります。また、水が溜まることによって体が冷えやすくなり、症状が悪化することもあります。

食べられなくて仕事にまで影響が出ているようならば、医療機関を受診したほうが安全です。

少しでも食べられるようならば、自分が食べやすいものを少量から摂取するようにしましょう。それもできないならば、かなり深刻な状況なので、大事を取って休みをとることが必要です。

 

PMSやPMDDによる悩みは産婦人科の受診も検討を

医療機関を受診するならば、産婦人科か心療内科で対応してもらえます。

心療内科は主に心の症状を診るところなので、体の症状にはあまり詳しくない可能性もあります。その場合には。産婦人科を受診して相談したほうが良いでしょう。

病院では、症状を軽くできるような薬を処方してくれるところもあります。困っている時には自分だけで解決しようと思わないほうが安全です。